メール・LINEテクニック

出会い系ファーストメールの書き方&例文紹介!返信率アップの方法

投稿日:2016年6月17日 更新日:

出会い系ファーストメール

出会い系で最初のメール(ファーストメール)はとても重要です。

これが上手く書けなければ関係を発展させることができません。

「ファーストメールに何を書いて良いか分からない!」
「話題が思いつかずメールを出せない」
「メールを送っても返信が全然ない。。。」

このように出会い系のメールの書き方に悩んでいる人は、

今回紹介する「女性からの返信率が上がるファーストメールの書き方」を参考にして下さい。

他にもこの記事ではファーストメールに関する下記の事を説明していきます。

狙った女性から返信が貰えるようにファーストメールの書き方を覚えましょう。

ファーストメールの話題を相手のプロフから探そう

ファーストメールを書く前に、まずは時相手のプロフィールを隅々までチェックしてから話題を考えましょう。

1番話しやすいのは相手の趣味を交えて会話する事です。相手も関心を持っていることなので女性も返信しやすいです。

ただプロフィールに好きなこと・趣味を書いていない女性もいます。

その場合はプロフで下記のことをチェックして話題を探してみましょう。

  • 職業
  • お酒
  • 希望のタイプ・年齢
  • 興味あることの設定
  • 他の人が書き込んだ伝言板の内容
  • 日記やつぶやきを見て女性の興味あることを探す
  • 掲示板の書き込み内容をチェックする
  • 女性が載せている画像で料理などの写真があれば話題にする

出会い系には色々な情報がありますから、何かしら話題を探すことは出来ます。

ただ何も書いていない女性もいます。

このような場合は素直に「プロフィール見たけど何も書いてないね!どんなこと好きなの?自分は〇〇だよ」と質問を投げかけるのもOKです。

プロフィールのどこをチェックして話題を探したら良いのか、詳しく知りたい人は下記の記事で詳しく説明しています。

 

【例文あり】ファーストメールの書き方!

では本題のファーストメールの書き方を詳しく説明していきます。

1番簡単なのは相手の好きな事に関してファーストメールを送るのが簡単です。

好きな事、趣味、最近ハマってることなど相手のプロフィールには何かしらの情報が書いてあるはずです。

これらは相手からしても自分が好きな事なので話しやすい内容ですし、自分も好きな事であれば親近感も増します。

特にマイナーな趣味や好きな事が同じであるという内容のメールであればかなりメールの返信率は高くなります。

 

ファーストメールの例文

とりあえず相手の趣味が映画だった場合でメールを書いて見ます。

ファーストメールの例文

最近話題の○○って映画見ましたか?
見に行ったんですが○○で面白かったですよ!
趣味が同じ映画好きなんでメールしました。○○さんオススメの映画とかってありますか?
良かったら色々と映画の話ししましょう(*゜▽゜)ノ

なぜこの様に書いたか説明していきます。

 

ファーストメールを書く時のポイントとは?

  • 文章の最初を目がひく内容に
  • テンプレートでもテンプレ感を出さない
  • 相手の名前を書く
  • 返信がしやすい内容にする
  • 顔文字を入れて明るい印象にする
  • 文章は短く、1文章毎に区切る
  • 言葉遣いは敬語
  • 面白い・楽しいメールを心がける

ファーストメールを書く時は上記の点に気をつけましょう。

どうゆう事なのか細かく説明していきます。

 

文章の最初は目を引く内容にする

出会い系のメールボックスでは最初の1行目(約20文字程)が表示される仕様が多いです。

この最初の部分に目を引く様な内容を書いておくとメールを見て貰える確率が高まります。

例文の「話題の」という文章を入れたのはこのためです。大体女性は流行に敏感なので話題の事は大抵知っています。

「それがどうしたんだろう?」と思わせることでメールが見られる可能性を高めます。

 

以前メールしていた人?と誤解させる方法もある

女性はメールが沢山きているので印象に残っている男性以外は、以前にメールしていた相手か分かっていない女性もいます。

この場合もしかしたら以前にメールしていた相手かも?と「返信のメール?」と思わせるような内容のメールを書いてを見てもらう方法もあります。

※ヘタすると印象がマイナスになってしまう可能性があるのでメールが上手いと思う人以外は使わない方が良いです。

 

テンプレートメールでもテンプレート感を出さない

出会い系では多数の女性にメールでアプローチする必要が出てくるのでテンプレート化は必須です。

しかし最初に言ったように誰にでも通用するような内容だと女性は「どうせ誰にでも送ってるんでしょ」と返事をする気が失せてしまいます。

テンプレでもテンプレだと感じないようなメールを書きましょう。

これを防ぐために「相手個人に対して送っていますよ」「ちゃんとアナタに興味が合ってプロフィールを見てメールしたんですよ」。

これが分かって貰えるようにアピールするメールを書けば良いです。

 

相手の趣味などの部分を変えるだけでOK

今回の例文であれば相手が読書・漫画・アニメとか同じ系統の趣味であれば少し文章を変えるだけで、違う相手にメールを送ることが出来ます。

テンプレートと言っても誰にでも送れる内容のメールではなくて、ちょっと文章を変更すれば使えるようなテンプレートメールを作成しておきましょう。

ポイント

自分なりのテンプレを作るために、返信が貰えたファーストメールを記録に残しておきましょう。

出会い系のメール保存期間は約60日間で自動的に削除されてしまうので、削除されないように注意しましょう。

 

相手の名前をメールに入れる

相手の名前を入れることでテンプレート感を少なくすることが出来ます。

また出会い系内では相手に対して「〇〇さん」とさん付けで丁寧なメールにして下さい。

意外と見た目はチャラそうな子でも、こういった部分は礼儀正しかったりうるさい子もいます。

いきなりのタメ口は馴れ馴れしいと感じる人が多いので最初は丁寧に対応しましょう。

タメ口になるのはLINEなどの連絡先を交換した後からでOKです。

ポイント

相手が変な中二病みたいな読めないニックネーム(メンヘラに多い)でも入れておきましょう。
その場合は「○○って読むん?分かんないんだけど笑」とか適当にからう様なメールを書くのもありです。
※たまにプロフィールに読み方書いている子がいるので、その場合はからかうとプロフィール読んでないのバレバレになるので気をつけて下さい。

 

返信がしやすいメール

簡単に返事が出来そうな疑問文「?」を入れておきましょう。

質問が多いメールも嫌われる傾向にありますが、ファーストメールの場合は何も質問を入れていないと、特に相手が返信しづらく感じてしまいます。

初めての相手はどういう人か分からないので、少しでも返信のハードルを下げるためにも質問を入れた方が良いです。

今回の例文のような趣味の話しの場合は下記のような質問ができます。

  • 「どんな話の映画好きなの?」
  • 「何度も見返すような映画とかありますか?」
  • 「最近どんな映画みました?」
  • 「映画は見に行く派?家でDVD派?」など

適当に答えやすい質問にしておけば良いです。

いきなり深いマニアックな質問をしては、逆に答えづらくなってしまいます。

 

聞くのがNGな質問

絶対にダメなのは個人情報系や相手の身体的特徴の質問をファーストメールですることです。

知り合いでも親しくないと答えたく無いような質問を最初からするのは止めましょう!

特に出会い系だと住みが自分と近いか気になって、「〇〇県のどの辺にすんでるの?」など、住所関係の質問をしてしまいがちです。

これは身バレだったり、ストーカーなどの不安につながるので、いきなり聞かない方が良いです。

 

顔文字を使い明るい印象を与える

文章に句読点や疑問符「、」「。」「!」「?」だけだと硬い印象になってしまいます。

特に真面目な男性であれば文章が硬すぎてしまうのでアクセントに顔文字を入れると良いです。

1つ顔文字が入っているだけでも文章の印象は明るく優しそうになります。

最近の女性はLINEのスタンプで会話したり文章は打たない女性もいます。

これは文章だけよりもスタンプなどの方が相手の喜怒哀楽などの疑似表情が分かるので話しやすい・安心感につながるからです。

どうしても文章だけだと相手の表情が読み取れず無愛想な印象になってしまいます。

顔文字を全く使わない人もいると思いますが、これだけでも返信率が変わってくるので出会い系を攻略したいならちょっとずつ顔文字・絵文字を使うようにしましょう。

顔文字などを使う場所は最初か最後に使用するのが使いやすいです。

特に最後に使ったほうが相手のイメージに残るので私は最後に使うことが多いです。

注意ポイント

女性によっては男性の顔文字はNGという女性もいるので多用すぎるのやめましょう。
1回のメールで多くても2個までぐらいが良いです。

 

メールの文字数は短くまとめる

最近の若い子は長文を嫌がる傾向にあります。

読むのが面倒くさい、会話のテンポが悪くなるなど理由は色々あります。

メールの文章が長すぎても全部読んで貰えません。
また「この人話長くて面倒くさそう」と思われてしまいます。

基本的にメールの文字数は多くても200文字ちょっとぐらいが良いでしょう。

これぐらいならパット見て文章を読み取ることが出来るので読みやすいです。

ポイント

さらに連絡先交換後のLINEではより短い文章でテンポ良く会話した方が良いです。

出会い系のLINE・メール返信時に気を付けるタイミングやポイント

 

メールは1文章毎で区切る

これも上記と同じような意味です。

最近の出会い系はメールがLINE風のチャット形式になっているところも多いです。

文章を区切っていないと、とても読みにくくなってしまいます。

基本的には1つの句読点(、。)や疑問符(!?)が出たら改行するようにすると読みやすくなります。

ホントは出会い系でもLINE風に1文だけで返信とかするのも良いのですが、これだといくらポイントがあっても話が進まないので私はやってません。

 

メールの言葉遣いは敬語

名前のところでも言いましたが、基本出会い系内では敬語を心掛けましょう。

これは相手が出会い系には不安を持っている女性が多いためです。

メールで最初からフランクに行き過ぎてしまうよりも、敬語の方が相手に「この人はちゃんとした人なんだ」というイメージを持ってもらう事が出来ます。

フランクにいって失敗するよりも、失敗する確率が低い敬語を使った方が無難だというわけです。

敬語と言っても厳しく使わないとイケないわけではありません。
ですます調を心掛ける程度で大丈夫です。

敬語を辞めるのは連絡先交換してからが良いです。

ポイント

逆に相手の子が固すぎる子で中々打ち解けない時は、「敬語苦手なんだよね。普通に話そう」と言って敬語を止めるのも良いです。

 

面白い・楽しいメール

これはお笑い芸人のように楽しませられるメールを書けと言うわけではありません。

私も元から面白い方でもないのでメールで女性を笑わせるようなことは書けません。

私の場合は無理せず、最初に書いたように「女性のプロフィールから女性の興味のある事」を書くようにしています。

 

好きな事を沢山話すと楽しく感じる

興味があること=好きなこと。⇐好きなことの話を興味あるように聞いてもらえると、相手に楽しいと思ってもらえます。

あくまで相手本位で「どうしたら、この子は楽しくメール出来るかな?」ということを考えてメールの文章を書くようにしましょう。

精神論的な感じですが「自分がどうしたいか?」と考えよりも、「どんな内容なら興味を持ってメールの返信が書きやすいか?」ってことを考えています。

もちろん相手を楽しませるのが上手い人は、最近のギャグを交えたりしながら面白く、興味を持つメールでも良いと思います。

できない人は普通の会話で相手の話を掘り下げていけばOKです。

共感などを使い相手に気持ち良く会話してもらいましょう。

 

ファーストメールは送る時間帯にも気をつけよう

出会い系時間帯

上記のようにファーストメールの書き方も色々気をつける点があります。

しかし、それ以外でファーストメールを送るタイミングも気をつけましょう。

どんなに良いメールを書いていても、相手の女性が「ログインしていない」「忙しい時間」に送ってしまっては、他の男性のメールに紛れてしまい見てもらえない可能性があります。

相手の職業にもよりますが働いている女性相手ならメールを送るのは21時頃ぐらいが良いでしょう。学生であれば夕方ぐらいでもOKです。

出会い系ではサイトによって相手のログインした時間帯をプロフや検索からで見ることが出来るので参考にしましょう。

相手が今利用している状況でメールが届いた方が見てもらえる確率はグッと高くなります。

どうしても気になる相手が入れば少しでも確率は上げたいですからね。少しの手間を惜しんではいけません。

 

ファーストメールに書いてはいけないNGな事

ファーストメールに限りませんが、下記のような事は書かないように注意しましょう。

  • 即日会おうと誘う
  • すぐに連絡先交換を提案する
  • タメ口や馴れ馴れしい言葉遣い
  • 下ネタ
  • 普通の女性なのに援交の条件を聞く
  • 個人情報に関する事を聞く
  • 相手がプロフに書いている事をそのまま聞いてしまう※プロフ読んでないのがバレてマイナスイメージになる

基本的に普通の女性に対してアダルトな事や即会おうとするような事は書いてはいけません。

少しでもやましい気持ちを出すと相手に見抜かれて無視されます。

今回説明したファーストメールの書き方の逆の事もしないように注意して下さい。

  • 長文で自分の事を沢山書く
  • 顔文字や絵文字を使いすぎる
  • テンプレで誰にでも使えるメール
  • 質問や疑問を使わず返信しづらい

メールを出す時はこれらの事に気をつけて書くようにしましょう。

変な事をしないだけでも返信率が今までよりも上がりますよ。

 

ファーストメールにテンプレートの例文はNG!

出会い系を利用していると女性のプロフに「ちゃんとプロフィールを読んで下さい!」と書いている人を見たことありませんか?

これは男性が女性のプロフィールを全然見ずにテンプレートメールを送ってくるからです。

出会い系にいる女性は全員エロい!エッチな事が出来るんだと思い込み変なメールを送りつけてくる人もいます。

他の男性のテンプレートメールは見たことないと思うかもしれませんが、大体女性の伝言板に書かれている内容と同じような感じです。

  • 「〇〇歳で○○してます!○○に似てるて言われます。良かったらプロフィール見て連絡下さい!」
  • 「可愛いですね!良かったら絡んで下さい」
  • 「足跡ありがとうございます!よかったら話しましょう」など

大体テンプレートの場合は「自分の事ばかり書いた挨拶文」や誰にでも通用する「可愛いですねなど」の内容を書いていることが多いです。

色々な女性にメールを送るのは会える確率が上がるので悪いことではありません。

しかしテンプレメールは「誰にでも同じメールしているだろ」と女性に感じさせてしまいます。

このようなメールを送ると女性に「ヤリモクか??」「誰にでもメールだしているだろ!」と不審に思われ選ばれなくなります。

このようにテンプレメールは無視され「返信が来ない。。。」という状態になるので、使わない方が良いです。

今回ファーストメールの書き方でも説明したように趣味などでテンプレを作り、相手のプロフを見て少し改変して使えるようなメールのテンプレを作りましょう。

誰にでも送れるようなテンプレだけは使ってはダメですよ。

注意ポイント

たまたま女性が暇でテンプレでも返信が貰えることはあります。ただ最初の印象が良くないので結局は会えないで途中で音信不通になってしまう可能性が高いです。

 

なぜ出会い系のファーストメールが重要なの?

出会い系のファーストメールがなぜ重要なのか?も考えておきましょう。

ファーストメールの重要性を理解していなければ、ちゃんとしたメールを書けるようになりません。

ファーストメールが重要なのは女性の興味を引く取っ掛かりだからです。

このファーストメールに失敗すると、その後は女性に無視されることになり、何度アプローチしても無駄になってしまいます。

 

女性は沢山のメールが届くので後から見返すことが少ない

多くのメールが送られてきている状態では一々メールを1件ずつチェックしていくのは大変なのは分かりますよね。

この状態では全部のメールをチェックする女性がいたとしても、内容まで熟読してくれることはほぼありません。

そのため最初にメールを送って反応が得られなければ、後から思い出して返信が貰えるなんてことは起こらないのです。

 

メールが届いてからの女性の反応

出会い系の女性がメールを見る行動としては、

メールが届く

ちょっとメールを見て良さそうな相手であればさらにプロフィールを見てみる。(ダメだったら無視)

プロフィールが良さそうな人であれば返信してみようと思う。

基本的に出会い系でメールが届いた時の反応はこのようになります。

ファーストメールで興味を持ってもらえないと無視されてその後チャンスはありません。

ファーストメールでは「相手の興味をひける」「相手に興味を持ってることが伝わる」ことが大切です。

さらに出会い系に不安感を持っている女性に「変な人だと思われない」安心感を与えられる」ことが大切になります。

 

返信が貰えやすいタイプの男性像

出会い系でも下記のようなタイプの方が返信は貰えやすいです。

  • 一緒に遊んで楽しそう
  • 話しやすそうな人
  • 明るそう
  • 自分に興味を持ってくれていることが分かる など

「全然そんなタイプじゃないよ~」と思ってしまうかもしれませんが大丈夫です。

出会い系内の印象はほぼ文章力で決まります。

文章は真似できますし、時間を掛けて考えることができます。

 

ファーストメールの返信率を上げるにはプロフも重要

上記で説明したようにメールの返信率はプロフィールの設定も重要です。

出会い系ではメールがきたから、メールの内容を見ただけで返信する女性というのは少数です。

あくまでメールを見て興味があれば、さらにプロフを確認する。

その上で返信するか決める女性が多いです。

そのため返信率を上げるためにはプロフも重要になっています。

まだプロフィールが上手く書けていない人や、写真の設定が出来ていない人は下記の記事を参考に設定して下さい。

 

ファーストメールは重要だがあくまで取っ掛かり

今回説明したようにファーストメールは、女性からメールの返信が貰えるか?それとも無視されるのか別れ目になるので重要です。

しかし実際にはそこまで力を入れすぎる必要はありません。

あくまで最初の挨拶であり女性に興味を持っていることを示す行動です。

変なメールやテンプレートメールは絶対にNGですが、重要だから心配や不安になって女性にメールを送れないという状態になってしまっては本末転倒です。

しっかり考えることは大切ですが、考え込みすぎてしまう必要はありません。

管理人
実際に私の場合はメールが上手い、話が上手いというタイプではありません。

あくまでごく普通の会話と相手に興味があることを示したり、真面目や安心感がある人物だと女性に思ってもらえるようにしています。

どうしても最初は上手くいかないこともあると思いますが、徐々に慣れていけばファーストメールで全然返信が貰えないということはなくなります。

まずは女性にメールを出さないと始まりませんから、ファーストメールを上手く書けないからと怖気づかずに積極的に女性にメールを出していって下さい。

 

【その他】出会い系のメールで気を付けるポイント

出会い系で気をつけないといけないのはマイナスイメージを持たれることです。

相手の女性は不安感を持っているので、マイナスイメージを持たれてしまうと挽回するのは困難です。

これは出会い系が文章だけの関係なので他にアピール出来る点が無いことや、フォーローしてくれる友人などがいないからです。

メールをする時には「個人を特定するようなことや、エロいことなど」は書かないように気を付けましょう。

少しでも不安感を持たせると音信不通になってしまう女性は多いです。

まだ出会ったこと無い人は、出会うまで細心の注意を払った方が良いですよ。

他にも出会い系のメールで気をつける事を別途紹介していますので、メールが苦手な方は参考にして下さい。

 

攻略ポイントのまとめ

  • 相手の興味ある事が書いてないテンプレートファーストメールはNG
  • 相手のプロフィールを見て好き・興味ある内容を文章に入れる
  • 文章の最初に興味・目を引く内容を書く
  • 相手の名前を入れることでテンプレート感を出さいない
  • メールには質問を入れる
  • 顔文字を1・2個入れて明るく優しいイメージに
  • メールの文章は短く、句読点や疑問符ごとに区切って読みやすくする
  • 基本は「○○さん」「ですます調」の敬語を使う

出会い系で重要なファーストメールの書き方を説明しました。

どうしても出会いを増やすためにテンプレートメールで大量に女性にメールを送りたくなる気持ちは分かります。

しかしちょっと手を加えること(相手の興味あることなどを文章に入れる)ことで女性からの反応は全然変わってきます。

せっかくポイントを使っているのに女性から返信が来る確率の低いメールを送るのは無駄です。

それなら少しでも相手のプロフィールを見て内容を把握して、ちょっと手を加えましょう。

ファーストメールで女性からの返信率を上げれば女性と会える確率はグーンと上がります。

この調子で出会い系を攻略していきましょう!

次はメールの返信があり仲良くなった時のために連絡先交換の方法も覚えておきましょう。

出会い系ランキング記事下

-メール・LINEテクニック
-,

Copyright© 出会い系徹底攻略! , 2019 All Rights Reserved.