ワクワクメール

ワクワクメールのブロックの使い方&活用方法を紹介!

投稿日:2019年3月27日 更新日:

ワクワクメールブロックリスト一覧

ワクワクメールにはブロックリストという機能があります。

この機能を使えば嫌な相手と関わりを持たないことができます。

ワクワクメールをより快適に利用するために便利な機能ですから使い方と活用方法を知っておきましょう。

ブロックリストとは?ブロックするとどうなる?

ブロックリストに登録した相手は、アナタの「プロフ閲覧・メール送信・検索で非表示・日記・足跡・つぶやき」のコンテンツが見れないようになります。

ブロックに追加すると、された相手はアナタと関わりが持てなくなる機能です。

嫌な相手をブロックすればより快適にワクワクメールを利用できます。

自分からも相手が見えないし、相手からもアナタが見れなくなるので追加した後は関係を断つことができます。

もちろん利用は無料ですることができます。

 

ブロックリストの使い方

ワクワクメールブロックリスト登録

  • 相手のプロフ・メール・メモなどの下部にある「ブロックリストに入れる」を選択
  • 確認画面でコメント・カテゴリが表示されるので必要があれば入力して下にある「ブロック」ボタンを押す

これだけでブロックリストに登録することができます。

もし誤って登録した場合は下記の方法で解除しましょう。

 

解除方法

ワクワクメールブロックリスト解除

  • マイメニューからマイリストを選択
  • マイリストの中のユーザー欄にある「ブロックリスト」を選択
  • ブロックした人が一覧で表示されるので解除したい人の左にあるボックスにチェックを入れる
  • 下にある「チェックをブロック解除」ボタンを押す
  • 解除確認画面になるので「解除する」ボタンを押す

これでブロックを解除することができます。

 

ブロックリストの活用方法

基本的な使い方は「うざい・しつこい・迷惑など」嫌な相手をブロックリストに入れて使います。

身バレ対策

他の使い方として万が一知り合いが使っていた場合にブロックリストを使うことで身バレを防ぐことができます。

一度相手のプロフを見る必要ありますが足跡は削除されるし、解除しない限り検索でも表示されないので身バレの不安を持ったまま使用する心配がなくなります。

 

業者・割り切り対策

業者や割り切り女性など自分が狙わない相手を登録しておけば検索で表示されることはありません。

こうすれば何度もチェックしてしまう手間を減らすことができます。

※業者は名前やプロフ写真を変えたり、再登録しますが継続してブロックされるので有効な方法です。

 

ブロックリストのQ&A

ブロックリストを使って良くある疑問点をまとめて紹介していきます。

 

ブロックリスト登録は相手にバレる?

ブロックした場合、相手があなたのプロフを見る・メールを送ろうとすると「〇〇さんとやりとりすることはできません」と表示されます。

相手が何もしなければバレない可能性もありますが、何か行動しようとするとブロックした事がバレる可能性は高いです。

 

相手が退会しても継続される?

1度ブロックした相手はこちらが解除するまでブロックは継続されます。

もし相手が退会・再登録・名前を変更した、このような場合でもブロックした状態が続きます。

そのため相手が別のアカウントを使わない限り同じ相手から連絡が来ることはありません。

 

足跡はどうなる?

プロフなどが非表示になる以外にも足あとも全て削除されます。

 

ブロックしてきた相手をこちらもブロックしたい

ブロックしてきた相手は非表示になるので基本ブロックリストに登録するために選択することができません。

ただし今までのメールのやり取り・メモが残っていれば、これらからブロックリストに登録することが出来ます。

相手のプロフを見ると「〇〇さんとやりとりすることはできません」と表示されるので、その下にあるブロックリストに入れるから登録できます。

 

退会とブロックの見分けはできる?

どちらの場合も相手と連絡をすることができないのは一緒ですが、これらは明確に違います。

  • 退会⇒履歴から相手は表示されるが(退)というマークが表示される。プロフを見ようとすると「退会しています」と表示されてプロフは見られない
  • ブロック⇒こちらもメールなどの履歴に相手は表示されますが、プロフを見ようとすると「〇〇さんとやり取りすることはできません」と表示される

このような違いがあります。

検索など他の機能で相手が表示されないのはどちらも共通しています。

ブロックは退会した後相手が再登録した時も継続されてしまいます。

ブロックされていない場合は再登録で相手が復活した後なら普通にやり取りすることできるので、一応気になる人はチェックしておきましょう。

 

ブロックリストと見ちゃイヤリストの違い

見ちゃイヤリスト⇒掲示板の募集が非表示になる。
ブロックリスト⇒全ての機能で非表示になる。

機能としては上記のような違いがあります。

ただブロックリストには掲示板も含まれるので、ブロックリストに登録した相手をさらに見ちゃイヤリストに登録することはできないようになっています。

見ちゃイヤリストの使い方を詳しく知りたい人は下記の記事を確認して下さい。

 

ブロックされても最後の1通メールなら遅れる

相手にブロックされた場合でも1通のみならメールを送信することができる機能です。

※ただブロックされるとプロフが表示されないので、今までメールした履歴がある人にしか使えません。

もしかしたら勘違いや誤解でブロックされた場合に関係を修復できるかもしれない機能です。

最後の1通メールも通常のメールと同じで5Pで利用することができます。

もし相手から返信があれば再度メールの返信をすることができます。

 

まとめ

ワクワクメールのブロックリストの使い方と活用方法を紹介しました。

ブロックリストを使えば嫌な相手と関わりを持たず快適にワクワクメールが利用できます。

また業者なども登録しておけば何度も確認してしまう手間を省けます。

無料で使えて便利な機能ですから登録が面倒だと思わずに利用していきましょう。

もっとワクワクを上手く使いたい人は下記の記事を参考にして下さい。

出会い系ランキング記事下

-ワクワクメール

Copyright© 出会い系徹底攻略! , 2020 All Rights Reserved.