ワクワクメール

ワクワクメールの利用停止・強制退会処分の理由と解除方法を解説!禁止事項に注意

投稿日:

ワクワクメール利用停止 ワクワクメールを利用していて利用規約違反をすると利用停止や退会処分をされてしまいます。

「なぜ処分を受けてしまったの?原因は?」
「この処分を解除・復活する方法はあるの?」

このような疑問を持っている人のために利用停止・強制退会の処分になってしまう理由や解除する方法はあるのか?を説明していきます。

まだ処分を受けたことない人も、自分が利用規約違反をしないように知識として身につけておきましょ。

ワクワクメールで利用停止・強制退会を受ける理由や原因

ワクワクメールでは下記のような規約違反を行うと処分の対象になってしまいます。

  • 会員登録が本人ではなく第三者により行われた
  • 登録時に虚偽・ご記入があった
  • 過去に利用制限・退会処分になっていた
  • 禁止事項
    • 著作権、意匠権、商標権等の知的財産権を侵害する行為
    • 第三者のプライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する行為
    • 誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を傷つける行為
    • 無断で広告、宣伝、勧誘
    • 個人情報(電話番号、電子メールアドレス、住所等)その他情報(やり取り、画像、URL等)書き込む行為、転載、第三者に開示若しくは漏洩、又は無断で使用する
    • 詐欺等の犯罪に結びつく行為
    • 無限連鎖講(ネズミ講)や連鎖販売取引(マルチ商法、ネットワークビジネス等)を開設し、又はそれらに勧誘する行為
    • わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に当たる画像、文書等を送信又は掲載する行為
    • 選挙運動若しくはこれに類似する行為、又は公職選挙法に違反する行為
    • 宗教運動又はこれに類似する行為
    • 他の会員を含む第三者又は弊社になりすまして、本サービスを利用する行為その他情報を送信又は掲載する行為
    • 自己又は他の会員を含む第三者のパスワード等を不正利用する行為
    • 児童(高校生を含みます)を対象とする不正誘引、又は会員を児童との異性交際等の相手方となるように誘引する行為

他にもウィルスや不正アクセスなどのハッキング行為なども禁止事項にありますが、上記が普通の人が該当しやすい停止処分の事項になっています。

 

処分を受けたくない人は利用規約をチェック

ワクワクメール利用規約

これらの内容はワクワクメールの利用規約に記載されています。

利用規約なんて読まない人も多いと思いますが、どのような事は禁止されているのか分かるので1度目を通しておくのも良いですよ。

特に該当しそうな行為を説明していきます。

 

停止処分にならないように注意すべき

第三者のアカウント利用・虚偽の情報でアカウント作成・なりすまし・不正利用

ワクワクメールの登録は利用者本人が行うべきものです。

自分以外の情報を入力した作成したり、他の人にアカウントを作ってもらった、または売買などで取得したアカウントなどは禁止行為になります。

このように不正に作成&取得したアカウントを利用してバレることがあればアカウントの停止処分になります。

特に悪さをする業者対策にもなっています。

 

著作権などの権利がある画像などを使う

ワクワクメール内で著作権などの他者が有する権利を侵害する行為(画像・投稿)などをも禁止されています。

例えば有名人などの画像を悪用してプロフ画像に使う、
ネットで拾った画像を日記などに使用するなど。

著作権者からの申し立てや通報が入ると利用停止になるので注意しましょう。

 

わいせつ・児童ボルノ・虐待の画像&文章

わいせつな無修正画像などは利用規約違反になります。

また児童関係に関して出会い系は厳しいので児童に関する画像や日記投稿でポルノ・虐待に関連しそうな事項は停止処分になりますので絶対に止めましょう。

 

個人情報を悪用・晒し行為

他の人の画像を悪用したり、他の人から得た個人情報(連絡先など)をワクワクメール内で第三者で見れる場所に記載する。

転載したり、他の第三者に情報を漏えいする行為は禁止されています。

 

誹謗中傷・名誉毀損

他の人のに対して誹謗中傷するような迷惑行為を行っている場合も対象になります。

初回などであれば現状注意を受けるだけで済む場合もあります。

これを繰り返したり一線を超えた行いをしていると停止処分になるので、相手に対してイライラしたとしても、このような行為は行わないように注意しましょう。

 

宣伝・詐欺・勧誘・マルチ・選挙運動・宗教運動

他のサイトに誘導する。情報商材やマルチなどの勧誘を行うなど、何かしらの勧誘行為をワクワクメール内で行うのは禁止です。

これらは業者・詐欺目的などワクワクメールを悪用する人を停止処分にするためです。

あくまでワクワクメールは出会いを目的とする利用が前提となっています。

注意ポイント

不特定多数の人に1通目からLINEIDを記載したメールなどを送りまくっていると、このような誘導業者と勘違いされてアカウント停止の危険性があるので注意しましょう。

 

援助交際などの割り切り行為

正直ワクワクメールでは割り切り系の募集があふれています。

ただし隠語などを使いあくまで直接的な割り切りだと分からないような工夫がされています。

直接的な募集(援交希望・今夜2万で)などは禁止された行為になっています。

このような募集は投稿が削除される、自動的に伏せ字になるようになっています。

何度もこのような事に該当すると停止処分になるので注意しましょう。

 

高校生を含む児童との異性交際

基本的にワクワクメールでは18歳以上でないと利用できません。

万が一児童が登録していた場合に誘うなどの場合も該当します。

また募集などでも児童のような人を対象とした募集などを行っている場合は停止処分の対処になります。

 

過去に利用停止処分を受けている

規約では1度停止処分を受けている人の利用も禁止事項に該当します。

最後に説明するように他の電話番号を取得すれば、ワクワクメールに別途アカウントを作成することは可能です。

ただし禁止事項に該当するので運営会社に見つかれば停止処分になってしまうので注意が必要です。

 

18未満+高校生の会員登録

禁止行為ではありませんが、そもそもワクワクメールの会員資格は18歳以上と定義されています。

18歳未満や高校生の場合が会員登録した場合はアカウントが削除されます。

 

停止と強制退会は違うの?

基本的に同じものだと思って良いです。

下記で紹介するワクワクメールの利用規約には下記のように書かれています。

第20条(会員資格の停止)

1 弊社は、会員が以下の各号のいずれかに該当する場合、当該会員に事前に通知することなく、かつ、その理由を開示することなく、当該会員による本サービス(弊社コンシェルジュによる対応を含みます)の利用を強制的に制限、又は、無期限に停止させることができるものとします。

強制的に停止させられる =退会させられると同義だと考えてもらえば良いです。

 

処分を解除してアカウントを復活させることはできる?

残念ながら一度利用停止・強制退会などの処分を受けたアカウントを復活させる方法はありません。

軽い利用規約違反なら利用停止処分の前に警告のメッセージがくることもあります。
この場合は無視せず警告の対処を行えば利用停止になることを防ぐことができます。

ただいきなり強制退会処分になった場合は何も通知なしなので対処する方法はありません。重度の違反の場合はこのような一発アカウント停止になるので注意しましょう。

 

処分を受けたアカウントは再登録もできない

いきなりアカウントがログインできなくなったので、「再登録すれば再度使えるのでは?」と思うかもしれませんが、残念ながら強制退会処分になったアカウントはブラックリストに入っているので、再登録もすることができません。

 

新しい電話番号で別途アカウントを作る

どうしてもワクワクメールを再度利用したい場合は処分を受けた電話番号とは別に新しい電話番号を取得して新規でアカウントを作る方法があります。

これなら以前とは別の電話番号なので新規にアカウントを作成できます。

ただし利用規約には過去に利用停止処分を受けた人は処分の対象になる旨書かれているのでバレてしまうと、再度アカウントが停止される危険性はあります。

 

別の出会い系を使う

上記までで説明したように処分を受けたアカウントの復活や解除はありません。

どうしてもワクワクメールを使いたい人以外は残念ですが他の出会い系を利用しましょう。

ワクワクメールはコスパも良いし、会える出会い系でおすすめですが、他にも会える出会い系はあります。

 

まとめ

ワクワクメールの利用停止処分になる理由や行為を説明しました。

正直言って普通に出会い目的で利用していれば、このような禁止事項に該当することはありません。

管理人
私の場合実際10年以上利用していますが、ワクワクメールから注意や処分を受けたことは1度もありません。

1度停止処分になってしまうと解除してもったり、アカウントを復活させるのはほぼ無理です。

禁止行為違反などしないで常識の範囲でワクワクメールを利用して出会いにつなげていきましょう。

本当に会える出会い系ランキング小夏

-ワクワクメール

Copyright© 出会い系徹底攻略! , 2019 All Rights Reserved.